Warning: include_once(header.php) [function.include-once]: failed to open stream: No such file or directory in /usr/home/mw2pe9km0r/www/htdocs/works.php on line 1

Warning: include_once() [function.include]: Failed opening 'header.php' for inclusion (include_path='.:/usr/share/pear:/usr/share/php') in /usr/home/mw2pe9km0r/www/htdocs/works.php on line 1
Work
アリエスのものづくり
イメージ1
専門特化型生産体制
工程ごとに担当者を振り分け、担当者の専門性を高めるため、ジョブローテーションをせず、1つの工程に集中して作業を行います。
イメージ2
工程独立検査体制
10にわかれた各工程の開始と終了時に検査を行います。更にプレス・検査で厳しい検査を行い、完璧な仕上がりを実現しています。
イメージ3
情報共有の最適化
1日3回、各工程のリーダーが集まり事例の共有や問題点の改善、相談する時間を設けています。全工程の情報を皆で共有しさらなる進化へつなげます。
各工程順の紹介
生地をパターンに合わせて裁断します。 この段階から仕上がりを想定し、生地の柄を意識して裁断します。機械では対応できない微調整を手作業で裁断していきます。
断裁
アイコン 各工程パーツ制作
前身頃
ジャケットの前の部分に当たる部分の縫製を行います。平面の生地にダーツを入れ、立体的に仕上げます。 また、ポケットの部分の強度もこの工程で決まり、耐久性を高めるための正確な縫製を行います。

脇入れ

ジャケットの背中の部分の縫製を行います。 採寸情報の”着丈”をそれぞれのお客さまに合わせつつ、襟や袖とのミリ単位の柄合わせに注意しながら仕上げます。
背作り
芯据え

前身頃・背縫い合わせ・肩入れ・
襟付け

出来上がった前見頃に”芯”を入れていきます。この工程でジャケットの形が決まります。 細かく指定されたパターンに合わせ、正確に縫製を行います。
ジャケットの袖を縫製する工程です。 カスタムオーダーなので左右の長さもミリ単位で変わり、袖の幅や袖口の仕上げなど1つとして同じものがない袖を丁寧に仕上げていきます。
袖作り
アイコン パーツを合わせる
前返し

前身頃・見返し縫い合わせ・脇入れへ

完成した前身頃を左右対称になるよう縫製する工程です。生地の柄や縫い目を合わせることはもちろん、襟とのバランスもこの工程で調整します。 この工程でジャケットの「顔」が完成します。

見返し・前裏縫い合わせ・
マーク付け・品質表示付け・
内ポケット作り・前返し

裏地を縫製し、ポケットを仕上げる工程です。表の生地と僅かにサイズが違う裏地を計算しながら縫い上げます。 また、裏地は傷つきやすく細心の注意を払い作業を行います。
見返し
脇入れ

前身頃・背縫い合わせ・肩入れ・
襟付け

前見と背中を合わせる工程です。体に合わせて組み合わせるこの工程では生地の伸び縮みを丁寧に測り、オーダー情報と照らしあわせながら調整を含め作業を行います。 様々なデザインを一つずつ確実に縫い合わせます。

パット付け・袖付け

襟と見頃を合わせる工程です。ジャケットの縫製の中でも最も立体的な部分で少しのずれで全体のバランスが大きく変わってしまうこの工程では正確さとコツが必要になります。
襟付け
袖付け

身頃・袖縫い合わせ・
外注マトメへ

袖をつける工程です。袖は前見頃と背中のパーツと合わせ、しかもその接点のポイントは極めて繊細で少しのずれが大きく影響します。 また、最も稼働する部分なのでより丁寧な縫製が求められます。

パット付け・袖付け

プレスをかけながら仕上がりを検査します。各工程を通してきたジャケットをしっかりプレスし、オーダー通りの仕上がりになっているか1つずつ確認し、生地の傷からポケットホールのサイズまで徹底して調べます。
プレス検査
各工程順の紹介
断裁
生地をパターンに合わせて裁断します。 この段階から仕上がりを想定し、生地の柄を意識して裁断します。機械では対応できない微調整を手作業で裁断していきます。
アイコン 各工程パーツ制作
前身頃
ジャケットの前の部分に当たる部分の縫製を行います。平面の生地にダーツを入れ、立体的に仕上げます。 また、ポケットの部分の強度もこの工程で決まり、耐久性を高めるための正確な縫製を行います。
背作り

脇入れ

ジャケットの背中の部分の縫製を行います。 採寸情報の”着丈”をそれぞれのお客さまに合わせつつ、襟や袖とのミリ単位の柄合わせに注意しながら仕上げます。
芯据え

前身頃・背縫い合わせ・肩入れ・
襟付け

出来上がった前見頃に”芯”を入れていきます。この工程でジャケットの形が決まります。 細かく指定されたパターンに合わせ、正確に縫製を行います。
袖作り
ジャケットの袖を縫製する工程です。 カスタムオーダーなので左右の長さもミリ単位で変わり、袖の幅や袖口の仕上げなど1つとして同じものがない袖を丁寧に仕上げていきます。
アイコン パーツを合わせる
前返し

前身頃・見返し縫い合わせ・脇入れへ

完成した前身頃を左右対称になるよう縫製する工程です。生地の柄や縫い目を合わせることはもちろん、襟とのバランスもこの工程で調整します。この工程でジャケットの「顔」が完成します。
見返し

見返し・前裏縫い合わせ・
マーク付け・品質表示付け・
内ポケット作り・前返し

裏地を縫製し、ポケットを仕上げる工程です。表の生地と僅かにサイズが違う裏地を計算しながら縫い上げます。 また、裏地は傷つきやすく細心の注意を払い作業を行います。
脇入れ

前身頃・背縫い合わせ・肩入れ・
襟付け

前見と背中を合わせる工程です。体に合わせて組み合わせるこの工程では生地の伸び縮みを丁寧に測り、オーダー情報と照らしあわせながら調整を含め作業を行います。 様々なデザインを一つずつ確実に縫い合わせます。
襟付け

パット付け・袖付け

襟と見頃を合わせる工程です。ジャケットの縫製の中でも最も立体的な部分で少しのずれで全体のバランスが大きく変わってしまうこの工程では正確さとコツが必要になります。
袖付け

身頃・袖縫い合わせ・
外注マトメへ

袖をつける工程です。袖は前見頃と背中のパーツと合わせ、しかもその接点のポイントは極めて繊細で少しのずれが大きく影響します。 また、最も稼働する部分なのでより丁寧な縫製が求められます。
プレス検査

パット付け・袖付け

プレスをかけながら仕上がりを検査します。 各工程を通してきたジャケットをしっかりプレスし、オーダー通りの仕上がりになっているか1つずつ確認し、生地の傷からポケットホールのサイズまで徹底して調べます。

Warning: include_once(footer.php) [function.include-once]: failed to open stream: No such file or directory in /usr/home/mw2pe9km0r/www/htdocs/works.php on line 483

Warning: include_once() [function.include]: Failed opening 'footer.php' for inclusion (include_path='.:/usr/share/pear:/usr/share/php') in /usr/home/mw2pe9km0r/www/htdocs/works.php on line 483